敏感肌にオーガニック化粧品|ランキングでポピュラリティを見つける

女性

肌への効果と選ぶ時のコツ

鏡を見る婦人

ビタミンCとして機能する

美容にうるさい美容マニアたちの間で人気の高い化粧水成分が「ビタミンc誘導体」です。ビタミンc誘導体はその名の通りビタミンCを浸透しやすいように誘導体にし、スキンケア成分として使いやすくしたものです。ビタミンCには皮脂の活動を抑えたり、メラニンの働きを抑えたり、肌の炎症を抑えたりする働きがあります。しかし、ビタミンCは肌に浸透しないため、そのまま塗ってもその効果は半減します。化粧水に使われているビタミンc誘導体なら浸透しやすく、ビタミンCとして機能します。そして様々な肌のトラブルを改善してくれます。ニキビの予防やニキビ跡の改善、シミの予防やシミを薄くする効果、抗酸化作用による老化防止効果などがあります。

肌質と含有量

化粧水によってビタミンc誘導体の含有量が違います。毎日安全に使うために、自分の肌のタイプにあった含有量のビタミンc誘導体入り化粧水を使うことが大切です。普通肌〜脂性肌の人には5%前後の含有量の化粧水がおすすめです。たいていの一般的なビタミンc誘導体入り化粧水に入っているビタミンc誘導体は約5%程度です。乾燥肌〜敏感肌の人には1%〜3%のビタミンc誘導体含有量の化粧水がおすすめです。もともと化粧水の成分に弱い肌質の人が含有量が多いビタミンc誘導体化粧水を使用すると、肌がヒリヒリすることがあります。もしも使ってみてヒリヒリするようなら使用を控え、さらに含有量が少ない化粧水を選ぶことをおすすめします。